受験基礎知識

海外からの大学受験

1. 帰国生大学入試とは?


帰国生大学入試は大きく3つのパターンに分類できます。

  1. 滞在国の統一試験や外国語試験のスコアを重視する入試
  2. 当日の筆記試験や面接を重視する入試
  3. 上記の1と2の両方を重視する入試

滞在国の統一試験の結果とは、米国のSAT、英国のGCE、オーストラリアであればNSW州のHSC、IB(国際バカロレア)などのスコアとなります。また、外国語試験は、英語であればTOEFL iBTが一般的です。少数ですが、TOEICや英検の結果を提出できる大学・学部もあります。1や3に該当する大学・学部では、これらの試験の結果を基に1次選考を行い、2次選考で面接や筆記試験を行うのが一般的です。また、書類選考のみで合否を決める大学もあります。

なお、オーストラリアから卒業見込みで受験する場合、願書出願時にHSCのスコアを提出することができません。そこで、統一試験のスコアの提出が義務づけられている大学(慶應義塾大学など)を受験する場合は、HSCの代わりにSATなどを受験してそのスコアを提出する必要があります。

当日の筆記試験は、文系の学部であれば小論文・現代文・英語(外国語)のすべて、もしくは一部の教科を課す大学がほとんどです。理系の学部は、数学・理科・英語(外国語)の試験となる場合が多いようです。

統一試験や外国語試験の結果を重視する主な大学・学部

  • 慶應義塾大学(医学部・薬学部を除く)
  • 早稲田大学 国際教養学部
  • 上智大学(秋期入学)
  • 国際基督教大学(秋期入学) など

当日の筆記試験や面接を重視する主な大学・学部

  • 早稲田大学(政治経済学部・国際教養学部を除く)
  • 青山学院大学(国際政治経済学部を除く)
  • 立教大学
  • 横浜国立大学 経営学部
  • 九州大学 など

滞統一試験や外国語試験の結果と筆記試験の両方を重視する主な大学・学部

  • 慶應大学 医学部・薬学部
  • 上智大学
  • 青山学院大学 国際政治経済学部
  • 東京大学
  • 京都大学
  • 一橋大学 など

海外からの大学受験 一覧