ニュース

高等部講演会 数学・英語体験授業会

7月9日(日)、香港教室に於いて高等部説明会及び数学・英語体験授業会を開催いたしました。
多くの生徒・保護者の皆様にご参加いただき、盛況のうちに会を終了することができました。


まずは高等部責任者の別府より、海外からの大学受験の実際について説明いたしました。まずは早めの準備が重要であるという点について触れました。書類、TOEFLやSATなどの統一試験のスコアなど、出願を見越して計画的かつ迅速に準備する必要があるます。さらに、スコアの出にくいTOEFLについては、高校一年時より準備を始め、期限までに必要スコアを出せるよう、重点的な学習が必要であります。また、学部選択の幅を鑑みた場合の数学の学習は必須であると言えるでしょう。


続いて、数学担当の玉原による数学体験授業会です。ここで大切なのは、文系学部を志望する場合であっても、数学の学習をしていないと学校選択の幅が狭くなるということなのです。またSATやIBの学習内容にも触れ、どのような力が求められるのかを説明しました。最後は三角比の授業で根源的なところから理解し、数学の楽しさ、新たなことを学んだことによる学習領域の広がりを実感し終了いたしました。


最後は香港教室長の仲田よりTOEFL Writingを中心とした英語の体験授業会です。ここでは、TOEFLとはどういうものかを知り、どのように学習していくべきなのかについて話がありました。4セクション、約四時間にも及ぶテストに向け必死に勉強する意義について理解が得られたのではないでしょうか。最後は実際のライティングトピックを用いパラグラフの作り方を学び、会を終了いたしました。