香港教室

教室長ブログ

高等部説明会を開催しました!

6月10日(日)、香港教室にて高等部説明会を実施しました。2019年度入試は目前に迫っています。2018年度の入試結果を分析し、新たに始まる次年度入試に向けての指針を説明しました。



第1部は、高等部責任者の別府より、2018年度の入試分析と帰国生入試の現状について熱く語ってもらいました。入学者を絞り込んだ2018年度入試、2020年から始まる大学入試改革、これから帰国生入試は厳しいじだいを迎えます。その厳しい現状に立ち向かっていく受験生たちが知っておかなければならないこと、そして心構えと対策を具体的に説明していきました。参加して頂いた皆様には、参考になる話だったのではないでしょうか。


続いて、数学担当の長谷川より、数学を学習する重要性とエピスでの数学講座のコンセプトについてお話をしました。この先の入試の大きな流れとして、文系、理系にかかわらず数学を避けて通ることはできなくなりつつあります。その流れの中で、今、しっかり数学を勉強する事によって得られる優位性を理解して頂けたのではないでしょうか。最後に、香港教室長の仲田より、TOEFL受験に関して説明をしました。大学1年レベルの講義内容を設定している試験において、最も大切なのは幅広く教養を身につけることです。TOEFLの学習を通して教養を身につける重要性を理解頂けたのではないでしょうか。


教室長仲田敬之

京都府出身、関西学院大学卒。アメリカ留学後、京阪神地区の大手進学塾で腕を磨いた受験英語の職人。ニューオリンズで本場のジャズに出会い衝撃を受ける。以来、ジャズを心から愛する。エピスでは、中学受験の国語・社会、高校受験の英語指導などで八面六臂の大活躍。土曜には香港日本人補習授業校でも教鞭を執る。英検対策指導では抜群の合格率を誇り、それは「仲田マジック!」として畏れられている。