メルボルン教室

教室長ブログ

Red cabbage indicator

小学4年生の理科の授業では、いろいろな水溶液を学習しました。
色の違いで性質を見分ける指示薬「むらさきキャベツ液」を実際に作って実験してみよう!




お酢を混ぜたら何色になるんだろう?

理科実験はドキドキ、ワクワク。
観察する目は真剣そのもの。



実験中にこぼれたむらさきキャベツ液をウェットティッシュで拭いていると緑色が現れました。
アルカリ性の消毒液が含まれていたんですね。
酸性の液体を、畳んだウェットティッシュにたらして開くとキレイな模様ができました。
ここまでくるとお遊びですが、机を離れて学習する機会も増やしていきたいと思っています。


カテゴリ

月別アーカイブ

教室長圷 加寿男

東京生まれの神奈川育ち。香港で教室長・教務部長として受験算数・数学指導に携わり、現在はメルボルン教室に勤務。算数・数学を楽しく学び「わかった!」「できた!」という感動を共有するために日々全力で授業に向かう。メルボルンに来てからは、冬場は雪山で大好きなスノーボードができることに大喜び。サッカー好きでFCバルセロナファン。世界各国のバックパッキング放浪やスキューバダイビング、マラソンなどアウトドアのアクティビティを好む。最近は夜遅くにNetflixにハマりがち。