わかば深圳教室

教室長ブログ

平成29年度 土浦日本大学高等学校 帰国国際生入学試験

 10月29日(土)に、平成29年度入試の口火が切られ、香港での土浦日大高等学校の帰国生入試が実施されました。今年度の入試を占うこの試験について、今年も分析していきたいと思います。

 昨年度は、同校の大学合格実績の自信の表れか、試験が難化しましたが、今年の一番の印象は数学の難易度が下がったことにあります。昨年度難化した英語のレベルを維持したまま、数学の難易度が下がったので、インター校・現地校などで英語を得意とする生徒にとっては受験しやすくなったかと思います。
 逆に、数学を得意教科としていて、日本人学校などで特に英語に力を入れて来なかった生徒にとっては、数学で差がつかない上に、英語で差をつけられてしまうことで、上位クラスでの合格を逃してしまうケースも出てきそうです。

 この傾向だけを見ると、英語力重視の試験ということが言え、近年急増している中学受験における英語入試実施校の増加と同じ傾向と言えます。これはインター生・現地校の生徒だけが有利なのではなく、日本人学校生でもしっかり英語を勉強していれば、試験が有利に戦えると言えるでしょう。

 しかし、試験で有利に働くことと、子供の教育や日本の将来を見据えた教育とは必ずしも合致するとは言えません。昨今の英語重視の入試事情は冷静に見つめないと、大きく舵取りを誤ってしまうのではないかという懸念も忘れてはいけないと思います。

 話題がそれましたが、各教科のテストを分析してみましょう。

国語

【構成】
 大問1語彙・文学史などの知識問題/大問2論説文/大問3小説文/大問4詩/大問5古典
 構成は例年通りで大きな変化はありませんでした。全体の特徴としては、大問1以外でも知識問題が目立っています。また、今年度は大問2から大問4にかけて、接続詞を選択する問題が出題されています。
【分析・対策】
 読解問題の選択肢は紛らわしいものもあるので、普段から吟味して選択肢を選ぶくせをつけておく必要があります。(例えば選択肢の文中の心情語、理由部分、その他キーワードなどに着目し、根拠づけながら選択肢を切っていく)
 また、接続詞の問題を中心に、空欄補充問題も多く出題されるので、空欄部分の前後を中心に文章の流れを意識して読む必要もあります。
 最後に、古典は出題できるものも限られてくるので、代表作は粗筋だけでも目を通しておくと良いでしょう。宇治拾遺物語、今昔物語、徒然草などが一般入試も含め過去に複数回出ています。(今回は「徒然草」)

数学

【構成】
 大問1 小問集合(5題)/大問2 小問(3題)/大問3 文章題(文章題・売買損益)/大問4 1次関数・2次関数/大問5 平面図形(線対称・二等辺三角形)
【分析】
 今年度の問題は概ね基礎的なレベルの問題が多く、昨年度に比べ極端に差がつく問題はなかったようです。問題の難易度というよりも大問1の資料に関する問題や大問3の文章題の文字の多さに対して不慣れなために動揺した人がいたかもしれません。
 しかし、実際に問題を解いてみると、資料の問題は知識を必要とせず、図表をしっかり確認するだけのものでした。
 一方、大問3の文章題は登場人物や未知数の数(使用されている文字数)に圧倒されたり、売買損益の苦手意識のために必要以上に難しく感じたりした人もいたかもしれません。
 また、同問の(3)では単純に方程式を解けば解を得られるのではなく、条件に合う解を確かめる必要がありました。これは、普段から型にはめて問題を解いているだけの人にとってはハードルが高かったかもしれません。
【対策】
 全体の難易度は決して高いものではありませんでしたので、初めての高校入試とは言え、落ち着いて問題を解くことがやはり重要です。そのためにも、苦手な問題や時間のかかりそうな問題は後回しにするなど、全体の攻略方法を試験開始時に落ち着いて考えてみるとよいでしょう。今回の構成で言えば、大問3に苦手な文章題があるのであれば、確実に解けそうな大問4を先に解いておけば、焦りや不安を後に引きずることを避けることができます。ほんの30秒でできることなので、すぐに計算問題を解き始める前に全体の構成を把握するようにしましょう。

英語

【構成】
 大問1・2長文読解/大問3会話文読解/大問4発音・アクセント/大問5並び替え/大問6・7空所補充
 英語は一昨年から昨年にかけては大きく難化しましたが、昨年から今年にかけては形式・難易度ともにほぼ変化無しです。
【分析・対策】
 昨年同様、時間との戦いになったのではないかと思います。まず長文以外の問題(大問4から大問7までの発音・アクセント、文法、語彙の問題)ですが、時間配分としては10分ちょっと終わらせたいところです。難易度としてはどれも基本的な問題でノーミスでいきたいところです。
 そうすると残り時間が40分弱で長文3題なので、長文1題につき10分ちょっとという計算になります。速読力に相当自信があればそのまま頭から読み進めて解いていくことも出来るかも知れませんが、そうでなければ作戦面で工夫をする必要が出てきます。
 分量から言っても、一度読んだところを何度も読み返すロスは避けたいところです。まずざっと問題に目を通し、聞かれている事柄やキーワードを意識しながら、ポイントと思われる語や文に線引きしながら読んでいきましょう。それだけでも解答やその根拠の箇所を探す時間がかなり短縮されるはずです。
 特に大問2では、多くの中学生にとって馴染みの薄いであろうスコットランドの様々な地名やその位置関係などが問われています。そういったポイントに注目しながら読めた受験生とそうでない受験生では、この問題にかかった時間が大きく違ったのではないかと思います。
 大問3は、全て読まなくても出来るタイプの問題です。小問1は前後の文のみでOK。小問2は手がかりを探す必要がありますが、会話文で分量が少ないため、探し出すのに時間はかかりません。
 これからいよいよ入試が本格化します。英語の実力を上げていく努力は日々怠らず、同時に過去問などを通じて自分の志望校に合わせた最適戦術に磨きをかけていきましょう。

土浦日本大学高等学校 帰国国際生入学試験情報

海外入試

 日程:2016年10月29日(土)
 試験地:台北、香港、バンコク、上海、シンガポール、ジャカルタ
 試験科目:国語・数学・英語(各50分マークシート方式)・面接(受験生のみ)
 合格発表:2016年11月7日(月)


教室長渡辺 敦

山形県出身。小学生時代は、近所で捕まえた昆虫を飼って生態研究をしてしまうような理科少年として山形の自然の中で伸び伸びと育つ。京都での大学生活を終えた後、中国の東北部や内蒙古で日本語講師として活躍。蘇州を経て香港に渡り、現在はわかば深圳教室の教室長として奮闘中。数年前までは、そのふくよかな体型から「エピスのトトロ」先生として大人気だったが、一念発起のダイエット&ジョギングの成果で、今はスマートな「なべちゃん」先生に大変身。温厚な性格ながら熱血受験指導に定評あり。