蘇州教室 教室長ブログ

教室長黒田吉紀

岐阜県出身。大学時代は雪国で雪氷学を学ぶ。趣味はスノーボードと、雪をこよなく愛するが、実は寒さに弱い。2010年香港に渡り、雪とは無縁の生活に。香港では入試センター長を務め、日本全国の入試情報に精通。2015年に理系のスペシャリストとして中国蘇州に赴任し、2017年からは教室長として奮闘中。熱血指導が故に、冬でもYシャツ一枚、腕まくり。しかし、ただのぽっちゃりがそうさせているとも…。

晩春

新学期が始まり、そろそろ新しい学年の生活にも慣れてきた頃でしょうか。
新しい生活への不安や緊張、もちろん期待などもあったと思いますが、それぞれが充実した1年にしていけるように頑張ってほしいものです。

日中は暖かくなり、屋外に出かけると気持ちがいいですね。
最近、蘇州太湖湿地公園に行ったのですが、藤やアジサイが咲いていました。すでに季節は晩春で、初夏を感じました。もうすぐ蘇州にも長い暑い夏が来ると思うとげんなりしますが、あと少しの春を楽しみたいと思います。


香港教室の卒業生が蘇州教室に!!


1月17日(水)に、卒業生のAくんが蘇州教室まで来てくれました。
彼は2012年度の香港教室の卒業生で、早稲田高等学院に入学した生徒です。そして現在、早稲田大学法学部の3年生で、昨年の秋から上海の大学に1年の留学に来ているということでした。
私自身、約6年ぶりに彼に会ったのですが、当時の面影を残し、立派な好青年になっていましたね。

せっかく蘇州に来てくれるということでしたので、蘇州教室の生徒に何か話をして欲しいとお願いをしていました。当時(中3)の勉強のことや今の大学のこと、留学のことなどを話してくれたのですが、現役大学生の話すことに、中学生は食い入るような目つきで話を聞いていました。
香港教室の卒業生が蘇州まで来てくれて話をしてくれる、これも縁です。
エピスという輪が今後もどんどん広がっていくように我々もここ蘇州で頑張りたいと思います。


中国小旅行

少し前の話になりますが、国慶節の休みを利用して、蘇州から高鉄で30分くらいのところにある常州に行ってきました。常州に行ったことのある人はいるでしょうか?
常州には恐竜のテーマパークや野生動物園、そして中国一高い(?)仏塔があるくらいで、「行ってみよう!」と特別盛り上がるところではないかもしれません(恐竜のテーマパークは興味ありますね・・・)。きっと日本に住んでいたら行くことはほぼないと思われますが、せっかく中国蘇州に暮らしているのだから上海ばかりではなく、最近は蘇州周辺の他に地域にも目を向けて足を運んでみようと思っています(杭州・紹興・無錫には行ったので次は南京かな!?と考えています)。
今後日本に帰ってから、住んでいた国・地域について聞かれることは必ずあるはずです。その時に、中国や蘇州の「良さ」をぜひ語れるようになってほしいと思います。そのために機会があれば蘇州のお寺やお庭、蘇州周辺に行ってみてください。そして蘇州に暮らしているからこそできる体験をしてみてください。
皆さんが、これからの日中の架け橋となっていってくれることを信じています。


机!

夏期講習中に新しい机になりました。
昨日久しぶりに来た生徒からは、「おおおー」「いいね!」などなどの声が。
環境が変わると、気持ちも新たに取り組めますね。我々も新しい机を見て気合いが入ります。
夏休み、夏期講習も終盤ですが、新しい机とともに夏期講習残りと後期からも頑張っていきましょう。
中3が隣の机も目一杯使って勉強しています!


2周年記念!

昨日、5月4日は蘇州教室の開校日記念日でした。今日から3年目。
また気持ち新たに頑張っていきます!蘇州から日本でそして世界で将来活躍できる子供たちを育てていけるよう、日々指導にあたっていきます。宜しくお願い致します。
隣の語学学校のIB早稲田ラーニングセンターからお花をいただきました。カウンターが明るくなりました。